離婚調停のスマートな終わり方
2017.05.23

女性のシルエット「自分は離婚したいと考えているが、相手が話し合いに応じてくれない」「要求されている慰謝料に納得できず、離婚に同意できない」「弁が立つ相手のため、自分にとって不利な状態で話が進んでいる」など、離婚の話し合いがうまく進まないケースは少なくありません。当人同士の話し合いで解決しない場合は、離婚調停を申し立て、第三者を交えて進めていくことがおすすめです。しかし離婚調停も、こじれてしまうとなかなか終わりが見えないものです。
離婚調停は、第三者を通じてそれぞれの言い分や条件が合致し、お互いに離婚に同意したとき「調停成立」となります。調停調書を作成し、受理されると晴れて離婚成立となります。調停の結果「離婚しない」という結論に達し、互いに同意したときも、離婚調停は終わりを迎えます。調停によって話し合いで解決したときには家庭裁判所に「取下書」を提出します。この書類は「離婚調停を申し立てましたが、取り下げます」という意味を持つため、受理されれば「調停成立」ではなく「調停取り下げ」という形で終わらせられるのです。離婚調停は正式名称を「夫婦関係調整調停」と言うため、必ずしも離婚という結論に達しなくとも、互いの意見をすり合わせ納得できる環境を作ることが目的なのです 。
「自分は離婚を望んでいるが、相手がかたくなにそれを拒んでいるため、離婚調停が長引いている」という場合は、なかなか終わりが見えずにうんざりしてしまうかもしれません。長引く離婚調停をとにかく終わらせたい、というときには、別居や同居に合意するという方法があります。離婚を望んでいる場合「別居という結論に落ち着いてしまうのはイヤ、どうしても離婚がしたい」と考えてしまうかもしれませんね。しかし、ひとまず別居を選びしばらく生活することで「同居義務を果たしておらず、夫婦関係が破たんしている」という裏付けができ、その後改めて離婚しやすくなります。つまり、離婚したいと強く願っていても、いったん別居という形で離婚調停を終わらせることには意味があるのです。再び同居する場合、離婚を拒んでいる相手に条件を出すこともできます。暴力が原因で離婚を検討しているときは「暴力を振るわない」、相手のお金の使い方が原因なら「ギャンブルをしない」というような条件です。相手がその条件を飲んだ場合には、離婚調停の結果円満解決を迎えることができます。
離婚調停は、互いの言い分があまりにも食い違っていたり、どちらかが話し合いを放棄して調停に訪れなかったりすると、長い期間の末「調停不成立」となってしまいます。スマートに離婚調停を終わらせるためには、条件なども提示しながら互いに納得できる妥協点を見つけましょう。

▲ ページトップへ