離婚調停を円滑に進める専門弁護士ランキング

第1位 法律事務所オーセンス

  • 依頼者の期待を超えるサービスを提供しています

  • 弁護士費用も明確で丁寧な説明をしてくれるから安心

  • ネットでいつでも無料相談予約をすることが可能

効果 価格・保証 対応 規模・実績 口コミ

法律事務所オーセンスに対するみんなの口コミ

離婚問題で悩んでおり、こちらの法律事務所オーセンスさんで相談しました。かかる費用も明確にしてくれ、不安な点等はこちらが納...
夫からのDVに耐えられず、理由をつけて実家に帰り、離婚や慰謝料請求を考えました。ですがどうしたらよいかもわからず、夫が怖...
彼と付き合っていたのですが、後になって既婚者と知り、相手の奥さんから慰謝料を請求されました。それで関係は解消し、反省して...

慰謝料等の離婚問題を解決したいなら

法律事務所オーセンスでは、慰謝料や離婚調停などの離婚問題で悩みを抱えている方を数多く救っており、実績がある法律事務所です。駅からも近く、関東圏に事務所が4つあるので気軽に相談に行くことが可能です。

第2位 アディーレ法律事務所

  • 依頼内容に応じて弁護士費用を明確に安く設定

  • サービス業であることを徹底し身近な弁護士を実現

  • 離婚問題にかかわるスタッフは女性中心だから安心

効果 価格・保証 対応 規模・実績 口コミ

アディーレ法律事務所に対するみんなの口コミ

離婚調停のことでこちらに相談をしに行きました。弁護士費用も分かりやすいものになっており、弁護士の方も女性の方が対応してく...
旦那の浮気で離婚をすることになり、慰謝料の相談でこちらの法律事務所に相談をしました。離婚問題は精神的にも身体的にもつらい...
離婚をすることになり、それに関する相談をこちらに相談しに行きました。初めはかなり緊張して震えるほどでしたが、丁寧に話を聞...

豊富な実績とゆるぎない信頼があります

アディーレ法律事務所では、弁護士に対してたくさんの方に抱いていた近づきにくいというためらいを解消し、これまでに多くの方からの法律相談を受けるなど、豊富な実績と高い信頼を獲得しています。

第3位 新宿キーウェスト法律事務所

  • 駅から徒歩30秒という好立地にありアクセス便利です

  • 弁護士費用は明確な料金を表示じているから分かりやすい

  • 託児所との提携で乳幼児がいても安心して相談出来ます

効果 価格・保証 対応 規模・実績 口コミ

新宿キーウェスト法律事務所に対するみんなの口コミ

離婚問題のことでこちらの事務所に相談しに行きました。離婚問題の相談に応じてくれる弁護士の方の対応が丁寧で、緊張していまし...
不倫相手に対する慰謝料の問題のことでこちらの事務所にお伺いしました。担当の弁護士の方が分かりやすく説明をしてくださり、不...
旦那の浮気が発覚し、離婚のことで悩みがあり相談しました。それまでは気も沈み、毎日ショックで泣き続けていましたが、こちらの...

離婚問題に強い弁護士法律事務所

離婚相談や離婚調停などの離婚問題に強い新宿キーウェスト法律事務所では、これまでに多くの方たちの離婚問題を、経験豊富なベテラン弁護士が解決に導いています。

第4位 弁護士法人丸の内ソレイユ

効果 価格・保証
対応 規模・実績
口コミ

メディア露出実績が多数ある有名事務所

弁護士法人丸の内ソレイユでは、テレビや雑誌など、これまでに数多くのメディアに出演や掲載がされており、さらにセミナーなども積極的に行っています。

第5位 伊井・真下法律事務所

効果 価格・保証
対応 規模・実績
口コミ

離婚問題や労働問題など幅広い問題に対応

離婚相談や調停などの男女問題や、その他セクハラ被害などの労働問題など、伊井・真下法律事務所ではこの他にも幅広い相談を受け、依頼者の悩みを解決に導いています。

離婚調停のメリット

7人のシルエット離婚調停のメリットは、夫婦の席がきっちりと分けられた上で話し合いが行われていくということです。離婚する場合、既に別居していたり関係がこじれてしまったりしていることも少なくありません。そんなときに法律の専門家が間に入り、さらに調停では夫婦2人の位置まで離れていることで、冷静な話し合いができます。慰謝料や養育費、子どもの親権など、誰かの人生に関わるようなことも話し合うことになるので、離婚調停にすると、感情的なトラブルを防ぐことができます。
そして調停が成立したときには、取り決めた内容を確実に、法的な効力を持たせることができます。調停調書を作成し、残すことになるので離婚成立後の生活で揉めるようなことを防止します。もし相手がお金に関することを滞納した場合、財産の差し押さえなどができる強制執行の手続きが可能です。またもっと手軽にできる履行勧告を、裁判所に出してもらえるよう無料で依頼することができます。
そのようなメリットをしっかり感じることのできる調停で離婚を成立させるには、弁護士に依頼した方が有利になります。弁護士に頼まないこともできますが、離婚問題のプロがいると心強いです。また、法律的な観点から離婚の相談ができる相手がいることは、精神的な負担が変わってきます。

離婚調停のデメリット

シルエットと世界離婚調停のデメリットは、調停は平日しか行われないということです。平日に仕事を持っていたとしたら、夫婦2人とも休むしかありません。さらに相手に欠席されてしまうと、調停が長引いてしまったり、最後は取り下げたりしなければならないこともあります。
調停は半年~1年と時間がかかります。ただでさえ離婚で精神的に辛い思いをしているのに長引くことになるので、早く決着をつけたいときには適さないでしょう。しかも長い時間をかけて、お金も時間も無駄にしてしまう可能性があるのが離婚調停です。
調停がちゃんと進んだとしても、調停委員に不満が出てきてしまうこともあります。自分で交渉するのが不安な時もあります。
そんな離婚調停を有利に進め、なおかつ成功させるためには弁護士に離婚の相談するのが近道です。慰謝料をとにかく相手や不倫相手から取りたいときにも、弁護士は大きな力になってくれます。調停委員を味方につけることも可能です。法律の専門家がついているのとついていないのでは大きな差が出てくるのです。もし自分だけで頑張ってきたのなら、弁護士への相談は不利な流れになってからでも遅くはありません。悩みを解決するためにできることは、専門家に頼ることです。

離婚調停を起こすとき

紫のネクタイ協議離婚で離婚に関する話し合いがまとまらないとき、離婚調停をする必要が出てきます。離婚するか否かの問題、子どもの問題、金銭の問題など、お互いが納得できる妥協点が見つからず、トラブルに発展するケースもあります。DV問題がある場合などにも離婚調停は選ばれています。
また、協議離婚では公正証書を作成するのに数万円かかります。離婚調停で作成する調停調書は2000円ほどです。しかし比べるのは値段だけではなく、記載することのできる内容にも注目します。公正証書は比較的、自由に書くことができます。ただし、法的な効力はそこまで強くありません。調停証書は必要最低限のことしか記載することはできませんが、履行勧告ができるなど離婚後のトラブルを防ぐことに有効です
協議離婚では離婚だけを成立させることが可能です。だから、離婚までの期間を短くすることができます。離婚調停では時間が長くかかってしまう場合が多いです。しかし、専門知識がある人が立ち合い決定するので、妥協点を見つけてお互いに納得できる可能性が高まります。
このようなことを考慮し、協議離婚と比べ、離婚調停の方が適していると判断した場合、離婚調停を起こすことになります。後々のことを考えたときには、早く問題から解放されたいという理由だけで安易に協議離婚を選ばないことが大切です。

調停の申立て

パソコンを触るシルエット調停で離婚を成立させたいと思うとき、申立てをするにはどのようにすればいいのでしょうか?まず必要な書類を揃え、次に家庭裁判所に申立てをするのですが、書類作成が大変です。最近では、インターネット上に有利になる書類作成の方法が掲載されています。また、相手に住所を知られたくないときに書いてはいけないところなども、説明があります。まずはそれらを見ながら、書き進めていくことになります。
どうしても時間がない、確実に書き進めたい、相手に公開したくない情報があるときなどには、弁護士に依頼し正確な情報を知りながらスムーズに用意することができます。そのまま離婚調停まで移行することができます。また、もし裁判になってしまったときにも、早いうちから事情を知っている弁護士がいることで手間を減らせ、安心できます。
ただし申立てからすべてを弁護士に依頼するのには費用がかかります。どうしても時間がない時や、慰謝料が多く取れる可能性のあるときは利用してみるといいでしょう。また、依頼する場合は、信頼できる弁護士を探すことも重要です。時間、費用、弁護士、すべてを考えた上でメリットがあるときには弁護士に相談し、離婚調停に挑むことができます。

▲ ページトップへ